FC2ブログ

最後の保護者会

中学受験 SAPIX サピックス
11 /07 2019
随分偏差値を下げたものだ。
 
60キープは当ったり前、常時65突破、などと思っていたが、気がついたら50台とは。
 
特に過去2回の合判、そして聖光オープンの惨敗が痛い。聖光の80%ラインは合判4回の平均偏差値で64なのだから、あと2回かなり頑張っても厳しい。過去を振り返らず、我が家では第3回と第4回の2回の偏差値で65を超えればよしとしよう。とは言え、第3回は駒東オープンと、第4回は筑駒オープンとの二階建てなので、息子の集中力と気力が午後の合判まで持続できるか、実に心配だ。
 駒東オープンは前回25位だったので、今回の目標は... 欲張らずに50番以内としておこうか。
 
サピックスの保護者会に参加した。
 
これまでと明らかに違うのは、受験本番に向けての手続きに関する説明が多くを占めたことだ。算数の講師からは、これまで出来なかった問題がこれからできるようになることはあまり考えられない、というような発言もあり、本番が迫っていることを否応なく感じさせられた。
 
過去問は冬期講習が始まるまでに終わらせるよう、あらためて念押しされた。サピックスに我が子を通わせる多くの家庭がそうだと思うが、過去問に取り組むのは土曜の午前中だ。しかし、土特前に特別授業があるので、早起きが苦手な息子は、4教科終わらせることができない。理科か社会は帰宅後というのがいつものパターンだ。過去問は直前期に少し残しておこうかと思ったが、平日にも分散して取り組むなど、少しペースを上げるとするか。
 
それにしても、これが最後の保護者会か。
 
息子が3年生の夏期講習から入塾したときには受験はまだまだ先のことだと思っていたが、先のこともいつか必ずやってくるわけだ。3年生秋の保護者会などは息子がプリントを見せなかったので、あることすら知らなかった。秋の組分けテストの際も、その日サピックスがあることすら妻は忘れており、サピックスから「きょうは大事なテストなんですけど」と電話をもらって急ぎ駆けつけたのは、もう随分前のことだ。そして、ついに保護者会もこれで最後となった。
 
さて、気になるのは、まもなく迎える個人面談だ。メインイベントは、志望校・併願校を決定すること。ここで決めたらブレはNGで、よっぽどのことがない限り、もう変えてはいけない- 保護者会で校舎長が、そう明言した。
 
果たして、成績が下降している息子に対し、サピックスはどういう提案をしてくるのか。
 
受け身は禁物。まずは、こちらの考えをまとめた詳細な受験候補校リストを作っておこう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 最後の保護者会

ただの小心者ママさん、いつもありがとうございます。しかも、個人面談についての空気感まで伝わってくるお話、興味深く読ませていただきました。過去問を直前期にやらないほうがよい理由も、たしかにその通りですね。
実はうちも個人面談を済ませました。
それについては、次回まとめようと思います。
うちは筑駒はもちろんのこと、聖光も危うい成績ですが、とにかくいつまで経っても息子にギアが入っていかないのがどうしたものかというところです。サピックスの先生方もそこを一番気にしています。しかし、こればかりは外から言ってもなかなか難しいんですよね。かなり厳しい状況です。
 父親としてやれることは何か、探っています。
 

トトロパパ

公立中高から国立大学へ進学、私立知らずの父親が、外国人の妻とともに長男の中学受験にのぞんでいます。受験本番までの3年間をドキュメント!